ピアノレッスンを楽しくするための工夫とは

相手の立場になって考える

レディ

引き出しを多く持つ

社会福祉振興・試験センターに登録している社会福祉士の数を見ると、全国にいる社会福祉士は約20万人です(2016年現在)。社会福祉士の総数が最も多いのは東京都で約2万人です。一方新潟県の社会福祉士数は約5千人と全国12位です。しかし新潟県の場合、人口10万人当たりでみると約215人と全国1位です。つまり新潟県で活躍する社会福祉士は多いのです。高齢者や障がい者などの相談を受けて、安定した生活が送れるようにサポートする社会福祉士。相談内容は福祉に関する全般的なものであり、やりがいがある分色々なことが求められます。社会福祉士は人とのコミュニケーションから仕事が始まります。たくさんの人達と関わる仕事なので、コミュニケーション能力は必要不可欠です。一朝一夕に身につけられるものではなく、目の前の仕事をこなしながら徐々に力をつけていきましょう。また人の話をしっかり聞くことができる能力が重要です。ここでいう聞くというのは、ただ話を流して聞くことではありません。特に相談を受ける場合は、相手の立場に立って共感を持ちながら聞くことが大切です。それに相手が何を言いたいのか、会話から要点をつかむ理解力も重要です。話を聞く能力もコミュニケーション能力同様、何回も繰り返して身につけるスキルです。社会福祉士は相談者の話を聞いてから、適切なアドバイスを行わなければなりません。アドバイスするためにはたくさんの引き出しが必要です。福祉のことだけでなく、法律や心理学まで幅広い知識を勉強する必要があります。このように求められるものは多いですが、新潟県で活躍する社会福祉士は日々の業務を通じてスキルアップに努めています。