使用用途が多いハッカ油《生活に取り入れよう》

沢山の使い道がある

ハッカ油は消臭対策や防虫効果など沢山の効果が期待できます。そのため、生活の中で使用している人が多いとされています。爽やかな香りに包まれて生活を送ることが出来るハッカ油が気になる方は、一度購入を検討してみませんか?

ハッカ油の色々な使い方

  • マウスウォッシュ
  • 虫よけスプレー
  • 制汗スプレー
  • 害虫対策用スプレー
  • ガラスクリーナー
  • 消臭剤

使用用途が多いハッカ油《生活に取り入れよう》

オイル

使用上の注意点

ハッカ油はとても刺激が強いので、妊婦さんや赤ちゃんなどの使用を考えているなら注意が必要です。少しでも肌や身体に異常が出たら水で洗い流して使用を中断しましょう。また、ミントやハーブ系のアレルギーを持っている人がいるため、咳などの症状が出たなら一度病院で検査を受けると良いでしょう。

キッチン周りを清潔にしたいなら

ハッカ油には、高い防虫効果があります。そのため、固めた塩やガーゼなどにハッカ油を垂らしておくだけでゴキブリやコバエなどが少なくなります。また、薄めたハッカ油をエアコンのフィルターに吹き付けるといい香りが部屋中に充満しますし、エアコンの中のパイプから侵入してくる害虫を防ぐことも可能となります。

ペットがいるなら注意が必要

ハッカ油の使用には沢山のメリットがあります。ですが、猫を飼っている家庭で使用するのはあまり良くないようです。猫は元々ミント系の香りが苦手なので、不快な気持ちにさせてしまうことがあります。ただ、犬はそういったケースが少ないようなので、使用時にはペットの状態を確認することが大切です。

リラックス効果アリ!

寝付けないときや、乗り物酔いで気分が悪いときには、タオルや枕カバーにハッカ油を少しだけ染み込ませてみましょう。ミントの香りにはリラックス効果があるので気持ちが落ち着いて、快適な眠りを得ることが出来ます。マスクなどを使って普段使いにしてもいいですね。

ハッカ油を使う時に気をつける事

一気に使い過ぎない

ハッカ油はミントの香りがとても強いのが特徴です。そのため、消臭対策の為に大量に使ってしまうと周りに不快感を与えてしまう可能性があります。また、他のものへ臭いが移ってしまう危険性があるので一回の使用量には注意が必要です。

使ったときに肌の状態を確認する

ハッカ油は肌への刺激が強い部類になっています。そのため、水で薄めたものを使う時でも肌の状態を確認しながら使うことをオススメします。肌がヒリヒリしている状態で使い続けていると、肌トラブルを引き起こす原因になってしまう可能性もあるので気をつけておきましょう。

製品タイプを確認すべし!

ハッカ油にはスプレータイプとビンタイプの2種類があります。ビンタイプは口が大きいので購入するときに、一緒にスポイトを購入するといいですよ。また、両方のタイプを揃えることによって瓶タイプからスプレータイプへハッカ油を補充することも出来るので、賢く利用していくことがおすすめでしょう。

広告募集中