ピアノレッスンを楽しくするための工夫とは

実際に足を運んでみること

メンズ

目と肌で感じてみよう

国家資格である言語聴覚士を取るためには、指定された養成学校で最低3年以上学ぶ必要があります。養成学校には大学や短大、専門学校などがあります。比較的新しい資格である言語聴覚士ですが、最近はこの仕事に注目が集まり学べる学校が増えています。まさに言語聴覚士になるためのスタートラインは、学校選びから始まっています。大切なことは自分の目や肌で学校の雰囲気を感じることです。ほとんどの人が複数の養成学校のホームページを見たり、パンフレットを取り寄せたりして情報収集します。しかしそれだけで学校を決めてしまうと、入学した後にイメージとは全然違っていたというギャップを感じかねません。これでは言語聴覚士になるためのモチベーションが低下してしまいます。そこで積極的にオープンキャンパスや授業見学会に参加してみましょう。これらのイベントには、インターネットや紙面では分からない情報がたくさん詰まっています。特に授業見学会では、実際に言語聴覚士が働いているシーンの見学イベントを実施するところもあります。自分の理想とする仕事が本当に言語聴覚士なのかを改めて確認する良い機会になります。また国家試験の合格率は学校選びにとても重要な要素です。言語聴覚士の国家試験合格率は例年60〜70%前後です。ホームページに合格率を掲載しているところがあれば必ずチェックを入れましょう。またホームページに情報が掲載されていなければ、学校説明会などで問い合わせてみると良いです。